専門の技で紡ぐ、結婚式の記録

月: 2024年4月

プロフィールムービー新郎パートに人気&おすすめの曲

結婚式のプロフィールムービーでは新郎・新婦・二人、と3つのパートに区切ってスライドショーを作成していくのが王道のスタイルとしてよく利用されています。プロフィールムービー全体を1曲で通してしまうパターンもありますが、新郎と新婦とで利用する曲を変更するパターンもよくあります。このページではプロフィールムービーの新郎パートでよく利用される曲、またお勧めできるBGMをピックアップしてご紹介しています。

115万キロのフィルム/Official髭男dism

爆発的に人気が出たOfficial髭男dismの楽曲です。若い世代を中心に2020年も人気です。フィルムを題材とした歌詞はプロフィールムービーで写真を使いながら思い出を紹介していく構成に非常によく合います。突発的な人気としてではなく、結婚式の定番曲としての地位を今後安定させていくかもしれません。

MillionFilms/コブクロ

結婚式では定番となりつつあるコブクロの楽曲「Million Films」です。こちらはフィルムや写真をテーマにしながら二人の思い出に触れている歌詞なので、そのままストレートにプロフィールムービーによく合います。男性シンガーなので新郎パートとして利用される使い方も非常に人気です。

君とつくる未来/ケツメイシ

ケツメイシの楽曲もプロフィールムービーではよく利用されます。「君と作る未来」というタイトル通りこれから始まっていく新しい未来に目を向けた前向きで温かな歌詞に、プロフィールムービーがとてもよくあいます。新郎パートでの利用もとても人気です。

ありがとう/大橋卓弥

両親への感謝をテーマとしたプロフィールムービーを作りたいのであれば、この「ありがとう」は超お勧めです。ストレートに感謝を伝える言葉の数々にきっと会場全体が感動的な雰囲気に包まれます。新郎のパートだけに限定せず、プロフィールムービー全編を通した利用もお勧めです。

アンマー /かりゆし58

少しやんちゃだった過去をお持ちの方には、歌詞がドンピシャでハマってしまう新郎さんもおられるかもしれません。息子から母親への感謝の言葉を歌った感動的な楽曲です。メロディ自体はテンポ感が比較的ある曲なので、感動的な雰囲気になりすぎず感謝の思いを込めたいのであればこの楽曲も新郎パートにお勧めです。

キセキ/GReeeeN

新郎と新婦の二人のこれからの未来を連想しやすい歌詞になっているため、この楽曲もプロフィールムービーではよく利用されます。新郎のパートだけに限らず全編を通して利用しやすい楽曲です。

Whereveryouare/ONEOKROCK

新郎から新婦への熱い思いを歌にしたらこんな歌詞になるかもしれません。芯がありつつ透き通るONE OK ROCKの綺麗な歌声が、新郎新婦二人の愛情の深さをより一層引き立ててくれるはずです。新郎パートとして人気が高いです。

365日/Mr.Children

誰しも聞いた事があるミスチルの歌声をプロフィールムービーにも使ってしまいましょう。この楽曲はミスチルの数ある楽曲の中でもプロフィールムービーにおいてはかなり人気の曲で、よく利用されて居ます。365日中新婦のことを思い続ける優しい愛を連想させてくれます。新郎パートだけでなく全編でも人気です。

母へ/KG

母への感謝をストレートな言葉で歌ったとても感動的な楽曲です。自分の言葉では恥ずかしくて面と向かって言えないような新郎から母への感謝の言葉の数々を、この楽曲が全て伝えてくれます。感動的なプロフィールムービーを目指したい方にはとてもお勧めできる楽曲です。

プロフィールムービーの時間の考え方

プロフィールムービーの全体の時間はどの程度がベストで、一般的にはどのくらいの長さのものがよく上映されているのでしょうか?自分で作る場合、プロフィールムービーを作るのは初めてという方も多くおられるでしょう。このページではプロフィールムービーを作る上で大切な全体の時間とそれに連動して決まってくる写真1枚1枚の時間についての考え方、決め方についてご紹介しています。

プロフィールムービーの時間を決める上でまず押さえておきたい点

結婚式の進行上何分までOK?

この点は結婚式毎に様々ですので、プランナーさんとの確認打ち合わせが必要です。大抵は「10分以内でお願いします」と言われる事が多いですが、二人の結婚式ですのでやりたいようにやる事ができます。

ただ、プロフィールムービー以外にもケーキ入刀やキャンドルサービス、お色直しなどの他の結婚式の演出が多い場合には、プロフィールムービー以外の演出にかかる時間との兼ね合いで調整が必要になってくる場合があります。大抵予定通りに行かずに結婚披露宴の時間は伸びるためキツキツな進行予定をプランナーさんは嫌う傾向にあります。前もって避ける時間をよく確認しておきましょう。

一般的には全体は分が標準 1枚あたりの時間は?

一般的には5-8分程度が標準的な長さです。しかし5分と8分では使える写真の枚数にかなり差が出てきます。気をつけたいのは全体の長さとは別に、写真1枚1枚に対しても長さを設定して作成して行く必要があるという点です。

全体の長さだけが取り上げられがちですが、写真1枚1枚の長さもゲストが視聴する上でとても重要な点です。写真1枚に付き4-5秒もあれば十分でしょ、とお考えの貴方。コメントなしならOKだけど後からコメントをつけるつもりなら4-5秒じゃ全然足りませんよ。詳しくみていきましょう。

プロフィールムービーの基本構成とそれぞれの時間

プロフィールムービーの基本構成は以下の通りで、写真の紹介以外にも冒頭にタイトルを挿入したり最後にも挨拶の言葉や日付を挿入したりするのが一般的です。

  1. 冒頭タイトルもしくは挨拶の言葉  20秒程度
  2. 新郎パート紹介タイトル 7-10秒
  3. 新郎パートのスライドショー
  4. 新婦パートの紹介タイトル 7-10秒
  5. 新婦パートのスライドショー
  6. 二人パートの紹介タイトル 7-10秒
  7. 二人パートのスライドショー
  8. 全体を締めくくる挨拶の言葉や日付 20秒程度

新郎新婦のメインとなるスライドショー以外にも合わせて1分程度のタイトルや挨拶文が表示されているだけの時間が結構あるんです。挨拶やタイトルを一切抜きにしてただのスライドショーを上映してもいいでしょう。しかしそれではゲストに伝わりにくい映像になってしまいます。「プロフィールムービーはゲストに二人の生い立ちや出会い、人柄を伝えるための映像」です。ゲスト側(視聴者)側に立った映像作りを心がけましょう。

プロフィールムービーの時間を考えるのであれば、構成についての詳しい知識も必要です。

プロフィールムービーの構成は以下の記事で詳しくまとめられていますので、ご興味のある方はこちらの記事も合わせてお読みください。

[kk1 関連記事 blue 1029]

プロフィールムービーの時間を考える2つの方法

全体の時間から決める方法

全体の時間を先に強引に決めてしまって、あとは編集しながら感覚的に枚数の調整を行なっていく方法です。全体の時間の平均は概ね5-8分程度ですが、さらに言うと6-7分がもっとも多いゾーンです。

この6-7分をゾーンとして6:30で考えてみます。6:30を区切っていって

  1. 1分はタイトルや挨拶
  2. 残り5:30(330秒)を3パートで割って各スライドショーに1:50秒さける
  3. 1枚9秒なら12枚。1枚7秒なら15枚

といった具合です

初めはみなさん1人分のパートで20枚とか30枚とかたくさん上映するイメージをもっておられますが、ちゃんと計算して行くとそれほど使えないんですよね。たくさん写真を使いたいならトランジション効果なし、コメントなし、というちょっと特殊な構成にしないとたくさんの写真は使えません。

3-4分だと短すぎの印象がとても強くて何か結婚式の演出の前振りとして利用したのかな?という印象を受けます。

逆に10分を超えるプロフィールムービーは飽きやすいのでプロとしても難しいです。動画コンテンツがあるとか、芸能人の挨拶コメントを入れているとか、特殊な演出がないと素人の構成力ではあまりお勧めできません。

写真1枚の長さから全体を決める方法

先に写真1枚の長さを決めてから全体の長さを決めて行くという方法もあります。プロ側の人間たちの多くはこのアプローチ方法でしっかり電卓で計算しながら、つまりは家の設計図を書くのと同じように映像全体の構成をはっきりと秒単位で決定してから作成に着手していきます。NONNOFILMのプロフィールムービーも写真1枚の時間をベースに、全体の長さを考慮しながら作成されています。

この作成方法の場合に考えるべき点は、1枚の表示時間とコメントの長さの関係性と、テンポによって与える印象が異なってくる点です。

1枚の写真表示時間とコメントの長さの関係

コメントや字幕は1秒間あたり4文字程度しか認識できないと一般的に言われています。人間の能力としてこれ以上の文字を見せられても、認識できない人が出てくるという訳です。写真1枚の表示時間を決定する際にはこのコメントの文字数とのバランスも考慮する必要があります。

コメントをしっかり見せつつ写真も見せつつなのであれば、写真1枚あたり9-10秒程度は必要です。9-10秒って長くね?と思われた方がほとんどかと思いますので、詳細を見てみましょう。

  1. トランジション効果で写真の前後1秒ずつ合計2秒は削られる
  2. これで残りは7-8秒
  3. 7-8秒を文字数に換算すると28-32文字
  4. 本日はお忙しいところご出席いただき誠にありがとうございます(これが29文字)

写真1枚あたりに9秒程度とったとしても、トランジション効果の有無で大抵は前後の2秒が削られます。トランジション効果中で写真の表示がまだなので、コメントもまだ表示する事ができません。そのためコメントも2秒削った秒数で表示する必要が出てきます。

「本日はお忙しいところご出席いただき誠にありがとうございます」のコメントでもプロフィールムービー全体の時間軸で見ると少し長い方です。初心者の方は初めにこの倍の量のコメントを用意しているケースも本当によくありますので、後からどうせ削る作業を考えると初めから簡潔で短いコメントを考えることをぜひオススメしたいです。

1枚の写真表示時間と与える印象の関係

音楽にはBPMと呼ばれるテンポを示す値があります。このBPMが速くなればなるほどアップテンポで明るい印象の曲が完成します。逆にゆっくりとしたスローテンポはバラードや愛を歌ったメロディなどによく利用されています。

この原理は映像でも同じように働いています。アクション映画ではほんの数秒間の間に大量にカットを切り替えることによって緊迫感や臨場感を表現していますが、この手法はアクション映画作成の現場においてはゴクゴク当たり前の知識です。

プロフィールムービーでもテンポが速く写真やコメントを切り替えていけば、アップテンポで明るく元気で快活な印象を与えます。具体的には写真1枚あたりの表示を4秒以下にして、1秒だけ、一瞬だけといった見せ方もこの手法ではとても有効です。しかし構成力が必要となる点と、扱う写真の枚数が増えることで編集作業も膨大になります。上級者向けの作り方ではあるかと思います。

逆にゆっくりとしたテンポで展開して行くと、穏やかで落ち着いた印象のプロフィールムービーに仕上がります。この方法は失敗する恐れがとても少なく、誰しもがみやすい落ち着いたプロフィールムービーを作れるというのがポイントです。

  • 早いテンポで切り替えればアップテンポで明るく元気な印象。しかし編集作業が増えるのと、構成力が必要なため上級者向き。さらにはコメントは1枚ずつに添えずにポイントポイントで見せる構成に変わる。
  • 遅いテンポの場合は誰しもがみやすい落ち着いたプロフィールムービーを作れる。言い方を悪く変えれば無難とも言えるので、人と違う構成にしたいなら少し考える必要がある

総じて分 それ以外は自由です

あえて言うことでもないかもしれませんが、全体的に5-8分程度で収まって入ればあとは基本的に自由なんです。難しく考えずに、とりあえず作って見ることをお勧めしたいです。

全体の枚数と写真1枚あたりの秒数の関係、コメントの文字が読めるのかによっても長さが変わってくるという点は、実際に作ってみてプレビュー確認を行いながら時間軸の中で確認してみないとわからない点かもしれません。

ただこれだけは言わせて!ほんとうに、ホントウに、貴方の自由やで!

自分たちの結婚式でせっかくプロフィールムービーを手作りする訳なので、基本を頭に入れたらばあとは自由に作りましょう!きっとその方がいいプロフィールムービーができますよ!

[2022年]プロフィールムービーで人気の定番楽曲ランキング20

結婚式で上映するプロフィールムービーでは曲選びもとても大切で、同じ映像表現でもどのような曲を添えるかによって印象がガラリと変わってきます。

結婚式プロフィールムービーの中で使われる曲はその時代特有の流行ものから、時代を超えてずーっと人気がある定番の曲まで様々です。

[hukidashi_right content=”結婚式でプロフィールムービーを上映することに決めたのなら、写真選びやコメントの検討と並行して利用するBGM選びも同時に進めていきましょう。”]

この記事では貴方のプロフィールムービーにきっと役立つプロフィールムービーで人気の定番楽曲をご紹介しています。

プロフィールムービーで人気の定番曲ランキング20

プロフィールムービーによく使われる人気の曲の中から定番曲としてよく使われる20曲をランキング形式でピックアップしました。

どの曲も結婚式ではもはや定番となっている曲なので、迷ったらこれらの定番曲の中からピックアップしてみるときっと素敵なプロフィールムービーに仕上げることができるはずです。

プロフィールムービーでいつも使われる定番の楽曲を見ていきましょう。

1位:115万キロのフィルム/Official髭男dism

こちらは2019年頃に爆発的に人気が出たOfficial髭男dismの楽曲です。

若者を中心に人気が多い曲ですが、メディアでもたくさん上映された楽曲なのでゲストの方の耳にも聞きなれたメロディとなっています。

[hukidashi_right content=”詩も二人の歩みを紹介するプロフィールムービーにとてもよく合うので人気の理由にも納得です。”]

2位:MillionFilms/コブクロ

結婚式では定番となりつつあるコブクロの楽曲「Million Films」です。

[hukidashi_right content=”「100万枚撮りのフィルムでも取り切れないほどの思い出」という詩は結婚式のプロフィールムービーには本当にピッタリですよね。”]

世代を問わず人気がある定番曲です。

3位:君とつくる未来/ケツメイシ

ケツメイシの楽曲もプロフィールムービーではよく利用されます。

この「君とつくる未来」はこれから二人で作っていくキラキラした未来を感じさせる楽曲です。

[hukidashi_right content=”希望に満ち溢れた明るい未来をイメージさせる楽曲なので、前向きな表現でプロフィールムービーを爽やかに上映したい方にはお勧めです。”]

柔らかなタッチなので世代を問わず良い印象を与えられるのではないでしょうか?

4位:にじいろ/絢香

これから始まる二人の人生の幸せな物語を感じさせる絢香のにじいろです。

[hukidashi_right content=”ポップなリズムでありながらも暖かで柔らかい歌声はプロフィールムービー全体を優しい雰囲気で包み込むことと間違いなしです。”]

5位:TheGift/Blue

プロフィールムービーだけではなく、入場や退場などの結婚式の進行においてもかなりの確率で使われている定番かつ人気の楽曲です。

誰しも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

[hukidashi_right content=”洋楽なので詩の内容をあまり気にさせずにプロフィールムービーを自由に作りこめるという点でもプロフィールムービーでは使いやすい曲となっています。”]

6位:ありがとう/大橋卓弥

未熟だった自分たちをそっと支えてくれていた両親への感謝をテーマとしたプロフィールムービーを作りたいのであれば、この楽曲はとってもお勧めです。

お父さん、お母さん本当ありがとう。そんな気持ちにさせてくれるとっても暖かい曲です。

[hukidashi_right content=”ご両親が感動して涙してしまうかもしれないくらい、感動的な曲と歌詞です。”]

7位:笑顔/いきものがかり

相手の事を思う優しい気持ちが歌われる幸せであたたかな気持ちになれる楽曲です。

[hukidashi_right content=”新郎新婦の二人の馴れ初め紹介パートなどでも使いやすく人気です。”]

8位:花束/backnumber

back numberの切ない歌い方はプロフィールムービーにも本当によく合いますね。

相手の事を思う優しい気持ちがとっても素敵な曲です。

9位:純白の花嫁/逗子三兄弟

ストレートに「花嫁」をテーマにした結婚式に本当によくマッチする曲です。

逗子三兄弟の熱く心を揺さぶる楽曲はプロフィールムービー以外の入場や退場などの様々な場面でも近年人気です。

10位:Lovesosweet/嵐

日本を代表するアイドルグループの楽曲なので日本人なら誰しも絶対に聞いたことがあるメロディという最大級の強みがあります。

ゲストの年齢に関係なく皆が思わず口ずさんでしまうのではないでしょうか?

11位:輝く月のように/Superfly

「どうしようどうしたらいい?こんなにも誰かを愛せるって涙が溢れだす」って歌詞が本当に素敵です・・・。

愛を理解して成長して輝いていく新郎新婦様お二人の気持ちに思いをはせさせてくれる素敵な歌詞です。

[hukidashi_right content=”曲調だけではなく歌詞の面からもプロフィールムービー全体の雰囲気によくマッチする曲です。”]

12位:キセキ/GReeeeN

 

[hukidashi_right content=”一緒に愛を育んで共に成長しながら歩んできた二人の事を連想しやすい楽曲です。”]

大ヒットした楽曲なので、聞いたことのあるゲストの方が多いことが予想されます。

熱い決意も感じさせる気持ちのこもった歌声が、これから誓い合って二人の歩みを進めていく二人のプロフィールムービーに合うこと間違いなしです。

13位:オールドファッション/backnumber

back numberの楽曲はここでもランクインです。

本当、声だけで切なさを共感できる歌声って凄いです。

[hukidashi_right content=”「僕には君で、君は僕なんだよ。色々あるけど二人がいいよね。」・・・なんて暖かい気持ちを再確認させてくれますよ。”]

14位:優しいあの子/スピッツ

スピッツの透き通った優しい歌声は結婚式では定番となっていて、様々な楽曲がよく利用されています。

この曲もとっても優しく透き通った歌声がとても魅力的です。

15位:Whereveryouare/ONEOKROCK

どこにいても何をしていても絶対君を笑顔にしたいし泣かせたりしない、ずっと愛し続けるという本当に決意のこもった新郎新婦の思いにぴったりマッチする楽曲です。

ONE OK ROCK の激しい歌声とリズムが一切ない本当に感動的なバラードです。

[hukidashi_right content=”一度聴いたらこの曲がよく使われる定番曲となった理由に、誰しも納得できるのでは?”]

16位:365日/Mr.Children

「365日の心に綴るラブレター」「365日の君に捧げる愛の詩」って、ギューんと心をつかまれてしまう楽曲です。

文句なしにもはや定番となった楽曲でしょう。

[hukidashi_right content=”プロフィールムービーでミスチルの曲を使いたいという新郎新婦様であれば、真っ先に候補に挙がる曲です。”]

17位:明日への扉/IWiSH

これから始まる二人の明るい未来をテーマにしたプロフィールムービーなら、この曲がとてもお勧めです。

優しく透き通った歌声もとってもよく合うはずです。

18位:LoveStory/MattCab

洋楽でお探しの方に人気の曲です。

洋楽のメリットは歌詞の内容にプロフィールムービーの内容がほとんど左右されない点で、ゲストも写真やコメントにしっかり集中できます。

19位:出会いは成長の種/ケツメイシ

https://play.google.com/music/preview/T7e5xtlixvimmangqlxluufy53q?play=1

20位:100万回の「ILOVEYOU」/Rake

ストレートに「愛してる」「君が好き」という詩が含まれているのは結婚式にはとても使いやすいのではないでしょうか?

[hukidashi_right content=”新郎の気持ちを表現してくれるような歌詞なので、新郎の生い立ち紹介パートなどでも使いやすいかもしれませんね。”]

こちらも伸びのある美しい歌声に引き込まれながらプロフィールムービーに没入しやすい楽曲でいつもとても人気です。

プロフィールムービーでよく使われる定番人気曲はやっぱりいい

ここまでプロフィールムービーで人気の高い定番曲を20曲見てきましたが、お気に入りの曲は見つかりましたか?

[hukidashi_right content=”結婚式プロフィールムービーでは新郎新婦様お二人の生い立ちを伝えたり、ご両親への感謝の言葉を伝えたりするムービーなので、自分たちが作るプロフィールムービーの内容にあった曲を見つけたいですよね。”]

披露宴の中で進行とともに使われる演出用BGMの中にも、プロフィールムービーでも使える楽曲がたくさん含まれています。

演出用のBGMも含めて結婚式で人気のある楽曲はその時代ごとに少しずつ変化していきます。

この記事で取り上げた定番として人気の曲たちは、移り変わる時代の中でも根強く人気のある曲となっているので、曲選びがなかなか決まらないという新郎新婦様は是非参考にしてみてくださいね。

新郎新婦様の熱い思いを代弁してくれる、素敵な楽曲が見つかるといいですね。

素敵な結婚式当日をお迎えくださいね。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén